新海誠監督 最新作”天気の子” を観た感想

新海誠監督の最新作 天気の子が2019年07月19日に公開されました。

新海誠監督と言えば2016年に公開され大ヒットした君の名は。が有名ですね。

アニメーション映画の中でも新海誠監督の作品は、美しい映像・哲学的な内容・男女の恋愛など大人が観ても楽しめるのが特徴ですね。

ただし君の名は。以前の作品だと結構鬱な展開の作品が多く、映像は綺麗だけど観ると気が沈むと言われることが多かったです。君の名は。はそこを一般向けにしたのがヒットした要因の一つだったと思います。

では最新作である天気の子はどうかと言うと、安心して下さい。ちゃんとハッピーエンドしています。しかも君の名は。以上にはっきりと主人公たちのラストが描写されています。

もちろん映像の美しさも健在で、君の名は。が田舎の自然の風景を美しく描いていたのに対して、天気の子は東京の都市の質感や空気感を綿密に描いています。特に雨の描写が息を呑む美しさで雨の日の肌寒さまで伝わってくるようでした(劇場の冷房かも)。

ストーリーに関してはネタバレになってしまうので、あまり詳しくは書けませんが、現代の異常気象をテーマにしていて現実とファンタジーを織り交ぜたストーリーとなっていました。君の名は。と大筋な流れは同じような感じです。主人公たちの日常を音楽に乗せてスピーディーに描写するところは、やっぱり上手いなぁと思いました。

君の名は。が大ヒットして次の作品のハードルが上がって作るのは大変だったと思いますが、監督の独りよがりの作品ではなく、観てくれる人を楽しませたいという気持ちが感じられました。

そして君の名は。を観た人には嬉しいサプライズもあります。ぜひ劇場で観て確認してみて下さい。

スポンサードリンク