映画 カメラを止めるな!を観ました(軽いネタバレあり)

SNSで話題になっているカメラを止めるな!。かなりの高評価なので期待して観に行きました。今回は映画の詳しい内容は書きませんが、軽いネタバレを含むので、閲覧注意です。

スポンサードリンク




カメラを止めるな!は監督・俳優養成学校のシネマプロジェクトで作られた超低予算で作られた映画です。出演する役者さんもオーディションで選ばれたほぼ無名の方ばかりです。

あらすじは

とある自主映画の撮影隊が山奥の廃墟でゾンビ映画を撮影していた。​本物を求める監督は中々OKを出さずテイクは42テイクに達する。そんな中、撮影隊に 本物のゾンビが襲いかかる!​大喜びで撮影を続ける監督、次々とゾンビ化していく撮影隊の面々。
”37分ワンシーン・ワンカットで描くノンストップ・ゾンビサバイバル!”……を撮ったヤツらの話。

公式サイトより引用

撮影現場を映画化したという内容で、その中で状況が二転三転していくという感じです。ゾンビものといっても怖いものではなく、どっちかというとコメディ寄りです。

公式サイトより引用

最初に映画撮影と現実の境目が曖昧になっていきパニックになるというのは、正直そこまで新鮮なものではないように感じました。ところがその中で観客に若干の違和感を感じさせるの部分があります。この違和感の正体が後に明かされるのですが、そこがこの映画の面白いポイントの一つです。

この時点でなるほどなー。と思うのですが映画は続きます。その内容は前述した違和感の答え合わせです。ただそれだけではなく、登場人物の人間ドラマが描かれます。ここがまた面白いポイントになっています。

そしてエンドロールで最後の答え合わせがあります。なんの答え合わせなのかは映画を観ればわかります。

まとめると、この映画は簡単に言ってしまうと一回で三度楽しませて貰える映画です。

個人的には近年で観た映画の中でもトップクラスに面白かったです。まだ長岡のT-joyでしかやっていませんが、9月7日から新潟と上越でも上映が始まるので、気になっている方はぜひ観ることをおすすめします。

スポンサードリンク