VW新潟にティグアン TDIが展示してありました

自分の車にリコールがあったので作業してもらう為にVW新潟に行ったら、新型のティグアン TDI 4motionが展示してありました。

現行ティグアンは日本導入時にFFのガソリン車しかラインナップがありませんでした。一つ前のティグアンにはガソリン車の4WDがあったのでガッカリしていた人も多かったのではないでしょうか。それがようやく4WDが追加されました。しかもディーゼルエンジンです。

やはりせっかくSUVに乗るなら4WDがいいと思いますよね。しかもディーゼルならパワーもあり燃費も良くなっています。(全グレードJC08モードで17.2km/L)ただし値段は高額になってしまいました。一番下のグレードのConfortlineで4,086,000円。R-Lineになると5,240,000円です。日本車で言えばCX-5が近い存在ですが、CX-5の最高グレードが3,526,200円なので、ティグアンの一番下のグレードより安く買えてしまいます。

VWの車は日本車に比べれば確かに高いのですが、エクステリアとインテリアの作りは良いと思いますし(日本人が考える高級感とは違いますが)、走りもすごく良いです。特に走りは乗ってみないと分からないことなんで、外車なんてと思っている人も一度試乗してみることをおすすめします。

懸念されることとしては数年前にあったディーゼル問題ですかね。その時は日本には正式にディーゼルエンジンを載せたグレードは売っていませんでした。去年からパサートにディーゼルエンジンのグレードが追加されました。(しかしディーゼルエンジンを表すTDIのバッジを付けていないところに、後ろめたさを感じてるのかなと思ってしまいますが)

ユーザーからの失った信頼は簡単には回復しないでしょうが、VWには堅実な車作りで評価を取り戻して欲しいですね。

スポンサードリンク