{阿賀野市} 瓢湖 :白鳥の撮影におすすめ

2018年4月19日

瓢湖

今回は阿賀野市にある瓢湖を紹介させて頂きます。

瓢湖とは阿賀野市にある白鳥の飛来地として有名な湖です。ラムサール条約にも登録され、毎年6000羽程度が飛来します。

 

スポンサードリンク



場所

住所:阿賀野市水原313-1

300台停めることが出来る駐車場があるので車でのアクセスは容易です。

時期

おすすめの時期は白鳥が飛来する11月〜3月の間。ピークは11月と12月となります。時間は餌を探すために飛び立つ朝6時〜戻ってくる夕方の4時頃です。

撮影環境

鴨もとても多いです(笑)

湖を囲むように遊歩道があり、柵がありますが湖にかなり近づいて撮影することが出来ます。シーズン中はおじさんが餌を撒いてくれる時間があるので、その時間に訪れれば標準ズームでも十分撮影することが出来ます。

フルサイズに300mmでこんな感じになります。

飛んでいる姿を取りたい場合は朝に餌を探しに行く6時頃か、戻ってくる夕方4時頃が狙い目となります。

機材は300mm以上の望遠レンズが欲しいところです。カメラのセンサーサイズが小さいほうが焦点距離を稼げるのでおすすめですね。

白鳥は飛ぶスピードも遅く動きも読みやすいので、野鳥撮影の入門におすすめです。鳴き声を上げて首を上下に動かしていたら飛ぶ合図です。

まとめ

冬の風物詩である白鳥。撮れる時期が限られているのでぜひ挑戦して見て下さい。

絵になりやすく野鳥としては撮影難度も低いのでおすすめです。(撮った感も強いです(笑))瓢湖は昼頃でも飛び立つところを取りやすいので、朝早くに狙いに行かなくてもいいので気軽に撮影できるのもポイントです。

更新日2018-01-05

スポンサードリンク