{柏崎市}長嶺大池 :白鳥の撮影におすすめ

長嶺大池

新潟県には白鳥の飛来地が何箇所かあります。一番に挙がるのが阿賀野市の瓢湖だと思いますが、他にも素敵な飛来地が沢山あります。今回はその中の一つ「長嶺大池」を紹介させて頂きます。

場所

住所:〒949-4132 新潟県柏崎市西山町長嶺

駐車場:あり。(10台程度)

トイレ:あり。

国道116号線沿いコメリハード&グリーン西山店の交差点を海側に入ると道なりにあります。雪の季節だと道幅が狭くなっているので安全運転で訪れましょう。

時期

白鳥が飛来するのは毎年11月頃から3月頃までになっています。

他にも年中野鳥が観察出来ます。夏には連の花も咲きます。

撮影環境

長嶺大池は周囲約950mmの農業用人工池です。遊歩道が整備されているので池の周りを歩いて撮影できます。トイレもあるので長時間の撮影でも安心です。

毎年400羽以上が飛来します。

トイレの近くは柵がなく白鳥と近づけるようになっていて、餌をあげると寄ってくるので間近での撮影もできます。餌を貰えるのを憶えたのか年々飛来数が増えているらしいです(笑)。

池なので水の流れが無いことによって氷が張っていることもあります。

氷の上に立つ白鳥は他の飛来地では中々見られません。

池が広いので白鳥が飛び立つシーンを撮影するのチャンスも多いです。長嶺大池は他の飛来地と比べても一日中、白鳥が飛んでいることが多く感じます。

なので、流し撮りの練習にうってつけです。

F13、1/100s、ISO100

普通に白鳥を撮るのに飽きた人は流し撮りに挑戦してみてはいかがでしょうか。

白鳥の流し撮りは撮影モードを「追尾AF」にして「シャッタースピードを1/100s位」に設定し、白鳥の動きに合わせてカメラを横に振りましょう。

馴れてきたら「シャッタースピードを遅くする」ともっと躍動感が出ます。

F29、1/15s、ISO100

まとめ

長嶺大池は遊歩道が整備されていてトイレもあるのでゆっくりと白鳥を観察できます。餌をあげることも出来るのでご家族で楽しめると思います。

白鳥が頻繁に飛んでくれるので、飛んでいる白鳥を撮影したい人にはとくにおすすめです。