Audi TVキャンセラー E2PLUGを使ってみた感想

E2PLUG

Audiの車ではMMI(マルチメディアインターフェイス)というもの機能の一つでTVを視聴することが出来ます。ですが、そのままだと走行中には視聴することが出来ません。なのでTVキャンセラーを使って走行中にも視聴できるようにしました。

スポンサードリンク



使用前

AudiのMMIでTVを選択していても走行中は以下の画面が表示され音声のみになります。

せっかくTVが映せるのに、同乗者まで映像が見れないのはもったいないですよね。なのでTVキャンセラーを使用してみることにしました。

ディーラーでは基本的にはやってもらえませんし、専門のショップにやってもらうのも色々と面倒なことも出てくるので、今回は自分でやってみることにしました。

E2PLUG

選んだのはアルトポルテという会社が販売しているAudi TVキャンセラー E2PLUGという商品です。大体の通販サイトで1,5000円程度で販売されています。

手のひらサイズの箱です。後ろにはちゃんとした日本語が書かれていて、製造販売ともに日本というのは安心できます。

中には本体と説明書のみ。説明書は丁寧に書かれているの困ることはないと思います。

スポンサードリンク



 

使用方法

1.ブレーキを踏まずにスタートボタンを押します。そうするとエンジンは掛からずにMMIが立ち上がります。TVを受信して完全に立ち上がるまで待ちます。

2.故障診断コネクター(紫色のもの)にE2PLUGを刺します。Audiは運転席の下にあります。

3.そうすると本体に付いている緑色のLEDがゆっくり点滅します。この間にコーディングが行われています。途中でスピーカーからバチッという音がすることがありますが問題ないらしいです。MMIが再起動され、緑色のLEDが速い点滅になったら終了です。

説明書だと最長40秒かかると書かれていましたが、自分の場合は5秒ほどで終わりました。

4.終了したら、本体を取り外しエンジンを掛けて正常に動作するか確認します。

※写真は停車中ですが

何も不具合なく、走行中にも映像が映るようになりました。これで長時間の移動でも同乗者が退屈しないで済みそうです。

Audiのバーチャルコクピット装着者なら、ナビはメーター内で確認できるのでTVキャンセラーを使う意味は大きいですね。

まとめ

本当に簡単に出来たので、TVキャンセラーを自分でやりたい人にはおすすめです。日本製なのもいいですね。

さらに元から1年保証がついていますが、ユーザー登録をすると3年保証に延長されるので安心して使えます。

スポンサードリンク