劇場版 Fate/stay night Heaven’s Feel I. presage flowerを観ました

2018年4月1日

PCゲームのFate/stay nightが原作のアニメ映画です。

ゲームは選択肢によっていくつかのルートがあり、今回の映画はその中の一つのルートをアニメ化したものです。

他のルートも過去にアニメ化されています。

FateはスマホのアプリゲームであるFate Grand Order(FGO)で知った人も多いと思います。自分もプレイしています。

自分は原作のPCゲームは未プレイでアニメでのFate/stay nightの知識しかありませんでした。

もし原作もアニメも観ていないという人は、せめて映画と同じ制作会社が作ったFate/stay night Unlimited Blade Worksだけでも観ておくとより楽しめると思います。

FGOだけの知識だと話の内容や雰囲気にギャップを感じてしまうかもしれません。

映画の出来としては作画・音楽ともによく出来ています。とくに作画の美しさは近年のアニメ映画の中でも屈指の出来だと思います。アクションシーンもUnlimited Blade Works同様迫力があり見応えがありました。

他のルートとは異なる活躍をするサーヴァントもいます。この点でも他のルートの知識があればより楽しめるかなと思います。

ただ今回の話はサーヴァントよりもマスターたちに焦点をおいた話になっており、聖杯戦争に至るまでの話が長めになっているので、サーヴァント同士の戦いが観たい人はしばらく退屈かもしれません。

今回の話のヒロインである女の子は一章ではまだ深くは掘り下げられません。どこまで知識を持って観るかでヒロインへの印象が変わりそうです。

色々書きましたがFateに興味がある人には自信を持ってオススメできる映画でした。

全三章まであるということで第二章も楽しみです。