この世界の片隅にを観ました。

2018年2月17日

地元の映画館でもやっていたことに気づいてこの世界の片隅にを観てきました。少し感想を話させていただきます。

この映画の主人公のすずはおそらく戦時下どこにでもいたであろう女性です。特別な力があるヒーローでなければ、史実の英雄でもありません。なので人によっては退屈な映画に感じるかもしれません。

でもこういう映画もあってもいいと思います。人によっていろいろと考えることの出来る映画だと思うからです。世間でも評価が高いのも頷けます。

素晴らしいのはストーリーだけでなくて映像も素晴らしいです。面白い映像表現もいいのですが、単純に作画が美しいです。主人公のすずは絵を書くのが好きでしたが、自分は絵心がないのでこういう風景を写真に撮ってみたいなと思いました。

あとは軍艦が出てくるので男心もくすぐられるかも?(そういうのが中心の映画ではありませんが)

新潟の映画館でもまだやっているところもあるので、少しでも興味がある方はぜひ見てみて下さい。