ニコンがZ 9 を正式に発表しましたね

2021年3月12日

以前から噂になっていたNikonフルサイズミラーレスシリーズのフラッグシップモデル「 Z 9」が2021年3月10日にNikonから正式に発表されました。

以下は発表された報道資料です。

株式会社ニコン(社長:馬立 稔和、東京都港区)は、「ニコン Z マウント」を採用した初のフラッグシップモデルとなる、フルサイズ(ニコンFXフォーマット)ミラーレスカメラ「ニコン Z 9」の開発を進めています。発売は、2021年内を目指しています。

ニコンの最先端技術を「Z 9」に結集させ、静止画・動画ともに過去最高の性能を発揮することを目指しています。幅広いジャンルで活躍するプロフェッショナルの極めて高いニーズに応えるべく、鋭意開発を行っています。
新開発のニコンFXフォーマット積層型CMOSセンサーと画像処理エンジンを搭載。また、次世代の映像表現を見据え、8K動画撮影をはじめとした、さまざまなニーズやワークフローに応える多彩な動画機能を有します。
「Z 9」は、道具としての使い心地を極め、これまでの一眼レフカメラ、ミラーレスカメラを超える新しい映像体験を提供します。

公式ページより引用

公式ページより引用

発売が2021年以内ということで思っていたよりも早いな。という印象です。もし東京オリンピックが再延期されるようなことになれば、間に合うかも知れませんね。

新開発の積層型CMOSセンサーと画像処理エンジンを搭載ということです。8K動画撮影に対応ということなので、画素数は3000万画素以上が確定ということですね。

今までのNikonのフラッグシップモデルは2000万画素だったので大幅に画素数が増えることになります。フラッグシップモデルは連射性能と高感度画質に優れているのが特長だったので、画素数を増やしてそれらの性能を保てるのかは、新しい画像処理エンジンの性能次第でしょうか。

まだ開発中ということなので画像から変更があるかも知れませんが、縦位置グリップ一体型のボディでデジタル一眼レフカメラのフラッグシップモデル同様の仕様になっています。

左肩のダイヤルもお馴染みの形状になっていますね。画像からは確認できませんが、右肩には液晶モニターがありそうです。

グリップも大きく握りやすそうです。フラッグシップモデルということで、ミラーレスカメラの利点のコンパクトさにはこだわっていない模様です。

Nikonはミラーレスカメラの開発に出遅れたことで、シェアでは他社に溝を開けられた状況ですが、Z 9 の登場による巻き返しに期待したいですね。

スポンサードリンク