オリンパスが新たに設立する映像会社の名称が決まりました

先の報道の通り、オリンパスは9月30日をもって映像事業を日本産業パートナーズ株式会社に譲渡しました。

そして、オリンパスが新たに設立した映像会社の名称は「OMデジタルソリューションズ株式会社」となりました。その株式の95%を譲渡するという形だそうです。

OMはオリンパスOMシステムから取っているものと思われます。ちなみにOMはオリンパスのOと、一眼レフを表す1(MONO)を合わせて命名されたものです。

これでいよいよオリンパスの映像事業は新たな船出は迎えたことになりますね。映像部門はそのまま新会社に移るということなので、今までのカメラに対する理念が変わってしまうことは無さそうで、一安心です。

カメラのシリーズ名であるOM-DとPENは引き続き使われるという話もありましたが、果たしてどうなるのでしょうか?そして、ペンタ部のOLYMPUSのロゴは変わってしまうのか?気になることは盛り沢山です。

参考:デジカメWatch

 

スポンサードリンク