{加茂市} 加茂山リス園 :加茂山公園内

2018年4月19日

加茂山リス園

今回は加茂市にある加茂山公園内の加茂山リス園を紹介させていただきます。

リス園は金網に囲まれた園内にリスが放し飼いにされていて自由にふれあうことが出来ます。

スポンサードリンク



場所

住所:加茂市大字加茂 

加茂山公園の駐車場に車を停めてそこから少し歩くことになります。

リス園の入場料は無料です。開園期間は4月〜11月で、時間は午前10時~午後4時(6〜8月は午後5時まで)、休園日は月曜(祝日の場合は翌日)になっています。

時期

暑さでダレているリスさん。

おすすめの時期は6月〜10月の間です。春はリスが冬眠から目覚めたばかりで人間から餌を貰えるのをど忘れしてしまっていて、あまり近づいて来てくれません。夏は暑さで元気が無くなってしまってあまり動かなくなってしまうので、涼しい期間がおすすめです。

撮影環境

園内を囲むようにしている網を忍者の様に登るリスさん。

人間に怖がることなく近づいてきて体に登ることも。

園内は柵でリスのスペースと人間が歩ける場所は区別されていますが、柵の間からリスが出てきて園内全体を走り回っています。なので、入り口で係員さんから貰える餌を手渡しで食べさせることが出来ます。

注意しなければならないのが園内を自由に動き回っているので、移動する時は必ず足元の確認をしましょう。

係員さんから貰えるひまわりの種を頬張るリスさん。

近づいてリスを撮りたい場合は最短撮影距離が短いレンズがおすすめです。シャッタスピードを上げ、AF-Cモード(ピントを合わせ続けるAF)で連射するといいでしょう。

柵の向こう側にいるリスを撮りたい場合は望遠レンズで。基本的に動物を撮る場合は出来るだけ目にピントを合わせた方がいいです。

カメラのAF性能にまかせて連射しまくって撮れた一枚。

走っている瞬間を捉えたい場合は、リスの動きに合わせてカメラを振りながら連射しましょう。ピタっと止めて撮るのならシャタースピードを1/500秒以上にしてAF-C+連射です。

かなり難易度が上がりますが、背景が流れていてリスだけがはっきりと写っているように撮りたい場合は、シャッタースピードを出来るだけ遅くし、動きに合わせてカメラを振り連射します。

まとめ

写真を撮る目的だけでなくてもリスに癒されに行くのもおすすめのスポットです。動き回るリスを撮るのは難しいですが、撮れた時の満足感は高いですよ。

加茂山公園はリス園だけでなく他にも絵になる場所があるので、ゆっくり一日写真を撮りに行くのもおすすめです。

更新日2017-01-06

スポンサードリンク