{上越市}有名店のあさひ”楼(あさひろう)”でラーメンを食べました

2018年4月14日

あさひ楼(あさひろう)は上越市能性にある老舗のラーメン店です。


月曜が定休日で11:00から19:00まで
国道8号線から少し入った辺りの住宅地にあるお店です。外観が普通の民家の様で、小さい看板があるのですが初見では分かりづらいです。

お店の中も入ってすぐに注文を聞かれます。水がセルフサービスなのは普通ですが、なんとレンゲも自分で持っていかなくてはいけません(驚き)この時点でこのお店は只者ではないと感じます(笑)

テーブル席がありますが、お昼時はほぼ満席です。奥の方に座敷の席がありますが、他人の家に来たみたいに生活感あふれる廊下をおじゃましま~すって感じで入ります。そしてテーブルには箸がありません(えっ?)

メニューはラーメン(600円)とチャーシューメン(800円)のみです。

箸は店員さんがラーメンと一緒に持ってきてくれます。席に箸を補充するのが大変なのかな?

ラーメンの特徴はスープの上部に層が出来るほどの油が入っています。この油が蓋になってスープは最後までアツアツです。見た目ほど味はクドくないです。

背脂系とはまた違うまろやかな味です。そこにシャキシャキした玉ねぎがいいアクセントになっています。

麺はかなり柔らかめ。ここは好みが分かれそうです。

地元だけじゃなく遠方から訪れるほどの人気店。ここでしか食べられない独特の味なので近くを通る際はぜひ。

 

スポンサードリンク