楽天モバイルに乗り換えるなら9月中がおすすめ

ご存じの方も多いと思いますが、楽天モバイルが10月から自社回線を使った第4のキャリアとなります。

ドコモなどと同じように自社で基地局を設置してネットワークを管理することになります。最初に報道された時には、価格競争が起きて携帯電話料金が値下げされることが期待されていましたが、サービス開始日が近づくに連れて不安な要素が出てきました。

スポンサードリンク



基地局の開設が不十分?

 

楽天モバイルの基地局開設の進行状況が遅れているということで、総務省からサービスの安定的な提供が出来るように必要な措置を行うよう指導があったという報道がありました。

楽天が自社で設置する基地局はまず東京23区、大阪市、名古屋市からということで、その他のエリアはKDDIの基地局を利用する形になるそうです。

なのでエリアで言えばKDDIと同等と言えるとは思いますが、自社の基地局が限られたエリアにもかかわらず、総務省から指導されるほど設置が遅れているとなると、新潟なんていつ自社回線に切り替わるか分かりません。

KDDIのエリアが使えるなら問題ないじゃないのかと言われればそうなんですが、サービス開始に対する楽天の姿勢に不安を覚えるには十分じゃないかと思います。

しかも自社回線に対応している機種が限られていて、今の所iPhoneは未対応となっています。

9月中の契約なら既存のプランを継続出来ます

楽天モバイルは以前からMVNO(俗に言う格安SIM)としてドコモ・au回線を提供してきました。

こちらは格安SIMの中でも人気です。

ですが、自社回線に移行するということで二の足を踏んでいる人も多いと思います。

しかし実は2019年9月中の契約ならば自社回線に移行する10月以降も、そのままのドコモ・au回線のMVNOとしても使い続けることが出来るみたいです。

※楽天モバイル ホームページより引用

※印の記述にSIMカードを交換しない場合は、引き続きドコモ回線・au回線をご利用できます。

と書いてあります。

なので9月中の契約ならば既存のスーパーホーダイまたは組み合わせプランのまま利用できます。

なぜそこまで楽天モバイルを選びたいのか

ここまで自社回線に対する不安があるなら別の格安SIMにすればいいじゃないかと言われそうですが、楽天モバイルを選びたくなるメリットがあるんです。

それは楽天モバイルを契約していると楽天市場を利用した時のポイントが2倍になるということです。

楽天モバイル エントリーとお申込で、ご契約中楽天市場でのポイントが、ずーっと2倍!

自分は楽天カードを普段利用のクレジットカードとして使っていて、その他の楽天サービスも利用しているので毎月ポイントがちょっとした物が買えるくらい貯まります。これが結構助かるんです。

なので自分の様に楽天経済圏にいる人ならば楽天モバイルを選ぶのは今からでも有りだと思います。