格安SIMのmineoを一年使ってみた感想

2019年7月12日

mineo

携帯電話をS社のiPhoneから格安SIMのmineoに変えてから一年経ったので再レビューさせて頂きます。

スポンサードリンク



変えた経緯

S社を使っていて不満だったのは、値段と電波の届く範囲でした。それを解消する為にすでに一般的になっていた格安SIMに目を付けました。そんな中で丁度キャンペーンをやっていたmineoに変えてみることに決めました。

格安SIMについて

以前にレビューしたものがあるので読んでいただけると、格安SIM全般に対する疑問の回答になっていると思います。(ただし料金などの情報は古くなっています)

格安SIMのmineoを新潟で使用してみました

料金

自分が契約した時はキャンペーン中で12ヶ月間900円の割引となっていたので、データ容量3Gのプランが月額912円(税込み)で使用できていました。S社を使っていた時は約6500円だったのでなんと月に5500円も節約出来ました!

現在はこのキャンペーンは終了していますが、mineoは頻繁にキャンペーンを行っているのでこれからもお得に利用できるチャンスはあると思います。

あなたが家族分の料金も払っているならそれをmineoに変更したら…夢が広がりますね。

この料金は両方共に端末代金を含んでいません。格安SIMを使用するためにはSIMに対応する端末を用意する必要がありました。以前はこのハードルが高かったので格安SIMに移行するのを断念した人も多いと思います。

ですがmineoではドコモ・au・Softbankに対応したSIMのプランがあるので今契約している会社の端末がそのまま利用できます。

さらにネットショップで買える。エントリーパッケージを利用して申し込むと事務手数料が掛からないのでお得なのでおすすめです。

 

電波

回線がS社だった時は山の方に行ったりすると繋がらないことがありました。mineoのDプラン(ドコモ回線)に変えてからはほぼ県外になることはありませんでした。それは格安SIMと言っても電波が届く範囲はドコモの回線と変わらないからです。

両方共に昼間の新潟市内での速度です。

回線の速度も特に不満を感じることはありませんでした。外では動画はたまにしか観ませんが、特に途中で止まったり低画質になったりはしていません。ゲームをするのも問題は無く通信の多いポケモンGOをやっていて困ることはありませんでした。

ただし大容量のデータをダウンロードする時は、家のwifiを使うようにしていました。これは大手携帯会社と契約していたとしても同じことが言えると思いますが。

まとめ

以前は格安SIMは安いけど導入のハードルが高く、我慢が必要な部分もありましたが、現在は全く無いと言っていい程です。

むしろ店頭で待たされる・変なオプショを付けられる・料金が高いと大手携帯会社はデメリットばかりだと思うんですけどね。

少なくても自分はなんでもっと早く格安SIMに変えなかったのかと後悔したほどです。

中でもプランが分かりやすい・三社のSIMから選べるmineoはおすすめです。

↓ ↓ ↓ ↓